Remediation

将来を考えた矯正治療

当院では天然歯を残すことを大切に考えています。その為には健康な口腔環境を保つことが欠かせません。
矯正治療には、見た目を美しくするだけではなく、口腔環境の改善という側面もございます。矯正治療を行うことで虫歯や歯周病のリスクを減らすケースもあるのです。

当院の7つの安心

  • 1矯正専門医

    当院の矯正は、全員東京歯科大学歯科矯正学講座所属の専門医です。

  • 2大学院と同じレベルの治療

    実績のある東京歯科大学の治療スタイルをそのまま提供いたします。

  • 3専門学会にて発表しています

    最新の医療を習得するため、毎年開催される専門学会に参加するだけでなく、積極的に発表を行っております。

  • 4子どものための発育矯正(MFT)

    マウスピース型装置を使い、正しい顎の成長へと導きます。

  • 5非抜歯矯正治療

    子供の矯正治療より顎の発育を促し、バランスのとれた顔立ちとともに将来の非抜歯による矯正治療をめざしております。

  • 6見えにくい装置

    治療はすべて透明なセラミックブラケットと見えにくいワイヤーを使用しています。

  • 7虫歯・歯周病の予防

    きれいな歯並びだけではなく、矯正治療中の歯磨き指導を始め、虫歯・歯周病の予防にも力を入れております。

症状別矯正治療

叢生(そうせい)

叢生とはいわゆる乱杭歯といわれるもので、歯が顎の骨に並びきらずガタガタとした並びになってしまうものです。

治療方法としては、歯を抜いてその抜いた隙間を利用してきれいな歯並びを作ってあげるか、場合によっては歯の並び自体を広げて、きれいに並べてあげるといった治療方法が一般的です。

反対咬合(はんたいこうごう)

反対咬合とはいわゆるうけ口といわれるもので、かみ合わせたときに上の前歯よりも下の前歯のほうが前に出てしまっているかみ合わせのことを言います。

一般的に治療が難しく、子供の場合は身長の成長と下あごの成長との関連性が高く、背が伸びると下あごも伸びてきてしまう傾向があるため、治療が長期間にわたることが多いです。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突とはいわゆる出っ歯の状態をいいます。上顎前突の原因として大きく分けると、

1. 上あごの骨自体が前にあるもの。
2. 下あごが後ろに下がってしまっているもの。
3. 骨格的な不正はないものの、上の前歯が前のほうに反ってしまっているもの。
4. これらの複合されたもの。

に分類されます。治療方法は原因によって様々です。

開咬(かいこう)

開咬とは、噛みあわせたときに上の歯と下の歯がかみ合っていない状態のことを言います。原因はさまざまですが、主なものは下にあげたものが多いです。

1. つめを噛む、指しゃぶり、鉛筆を噛むなどの癖によるもの。
2. 物を飲んだり、食べたりした時の舌の動きがよくないことによるもの。
3. 骨格的な原因によるもの。
4. 歯の傾きや生えている位置によるもの。

状態によっては手術をしなければ治らないものもあります。一般的に治療しても癖が治っていないともとに戻ってしまいやすい傾向があります。

子ども達を正しい歯列に導く為に(発育矯正)

小児期の成長発育を臨床的に5つの段階に分けると、

・全てが乳歯の時期
・第一大臼歯が出る時期
・上と下の乳歯が抜け始める時期
・乳歯の奥歯が抜ける時期
・第二大臼歯が出る時期

となり、歯並びで大切なのは、それぞれのステージの時に、次のステージを迎えるためにクリアしておかなければならない条件を満たしていることで、これを手助けするのが発育矯正です。従来の「様子をみましょう」というのではなく、まだ幼いうちから子供の成長の中に歯の生え変わりを意識していくことが大切で、その為に口を閉じ、鼻で呼吸し、舌べらを上あご(スポット)につけるトレーニングが必須となります。また、24時間歯をあわせていることも大切です。

小児の歯並びに対して、遺伝子的要素が強いという誤った考えや、治療費が高額になるからという理由で「様子をみる」ことがしばしばありました。

ところが、そういう子ども達は結局、顎の発育と歯の大きさの不調和がおこり、抜歯をして針金を巻く複雑な本格矯正を専門医に紹介するという、いわば手遅れにつながることが多くありました。
そして一旦きれいに並んだように見える歯並びでも、後戻りを防ぐ装置を入れない限り、元に戻ってしまう悪循環に悩まされておりました。

それに対して、先延ばしにしないマウスピース型小児矯正治療は、とても理に叶った有効な方法なのですが、骨格的な問題や、成長期を過ぎてしまった場合、マウスピースにどうしても慣れない子どもなどの場合は、矯正専門医にゆだねることに変わりありません。子ども達を虫歯のないきれいな歯並びの成人に導くためには、4〜10歳位までがとても重要な時期となります。

口呼吸をやめ、正しい飲み込み方、舌べらの正しいポジションで上手な顎の成長を達成しましょう。

先延ばしにしないマウスピース型小児矯正~トレーナー~

間違った舌位置や口呼吸、異常な飲み込みや舌の突出しのような筋機能癖を正す矯正装置がトレーナーです。口腔筋の訓練(筋機能効果)を行うことで、歯と顎の位置の改善を目指します。

トレーナーは永久歯に萌え変わる交換期(おおよそ4歳~12歳)の子供の成長段階(混合歯列期)に装着し、正しい発育を促す最も効果的で有効な装置を装着することで歯並びがよくなります。

治療期間4〜12歳(あくまでも目安)
装置装着時間日中最低1時間および夜間就寝時

料金表

初診初回の時にのみかかる費用(相談料含む)4,000円
診断矯正開始時(初回のみ)30,000円
治療ブラケット・ワイヤーを使用した治療Ⅰ期治療 300,000円
Ⅱ期治療 300,000~700,000円
再診料3,000~10,000円
メンテナンス床型装置・縁取りの修正など3,000円
発育矯正(MFT)トレーナーを使用した治療300,000円〜

症例紹介

当院で行った症例をご紹介致します
※記載している症例は、全ての患者様に対して効果を保証するものではありません。

症例①叢生

治療期間3年治療開始時の年齢10才
かかった治療費【小児矯正治療】300,000円
【成人期治療】400,000円
治療方法本格矯正

早期治療にて歯列拡大をすることにより歯を1本も抜かずに永久歯を並べることができました。

症例②骨格性下顎前突

治療期間3年治療開始時の年齢10才
かかった治療費【小児矯正治療】300,000円
【成人期治療】400,000円
治療方法本格矯正

早期治療にて反対咬含を改善。インプラントアンカーを使用。

症例③骨格性上顎前突

治療期間3年治療開始時の年齢13才
かかった治療費【成人期治療】700,000円治療方法本格矯正

早期治療にて下顎成長を促進させ1本も歯を抜かずにきれいに並べ終わりました。

症例④狭窄歯列

治療期間3年治療開始時の年齢34才
かかった治療費【成人期治療】700,000円
【外科矯正 (コルチコトミー)】100,000円
治療方法コルチコトミー併用本格矯正

ピエゾサージェリーにてコルチコトミー(歯槽骨に切れ込みを入れる)をすることにより成人でも歯を抜かずに歯列が拡大できます。

症例⑤叢生

治療期間8年治療開始時の年齢7才
かかった治療費【小児期治療】300,000円
【成人期治療】400,000円
治療方法本格矯正

早期に治療を開始してあげれば永久歯列になった時に1本も歯を抜かずに治療が終了できました。

症例⑥上顎前突

治療期間3年治療開始時の年齢20才
かかった治療費【成人期治療】700,000円治療方法本格矯正

第一小臼歯抜歯治療により上顎前突を改善。

発育矯正 症例紹介

当院で行った症例をご紹介致します
※記載している症例は、全ての患者様に対して効果を保証するものではありません。

症例①

治療期間2年半治療開始時の年齢9才
かかった治療費300,000円治療方法マイオブレイス発育矯正

症例②

治療期間2年半治療開始時の年齢9才
かかった治療費300,000円治療方法マイオブレイス発育矯正

症例③

治療期間2年半治療開始時の年齢9才
かかった治療費300,000円治療方法マイオブレイス発育矯正

■ 抜歯をせず、ブラケットをつけず、口を閉じ、鼻呼吸が確立すれば、将来にわたって保定装置のいらない状態になります。

ページトップへ